対岸の君と。

No.21 2019年04月17日 16時57分09秒


 
先日、東大での上野千鶴子さんのスピーチについて書きましたが、ネットやテレビなどでも、このスピーチを巡って色々な議論が起きています。
そしてそれはとてもいいことで、反対意見やその人なりの解釈があって然り、それが正常なことだと思います。
こういうことって、議論がちゃんと行われなかったことが問題点のひとつだったわけで、こうやって、それまで「その他大勢」だった人達も巻き込んで考えられることが大切だと思います。
 
誤解を恐れずに僕の意見を言えば、性別を理由に排除されることって、キャリアな仕事や役職や地位に近づけば近づくほど多いものだと思うし、同じ男同士、女同士の中でも、性差別ではないにしろ、残念ながら普通に差別はあるし、それはどんな小さな村社会でも存在するわけで、ごくごく一般的な立場の僕らにしてみれば、そこまであからさまな性差別とかは少し遠いところにある、いわば対岸の火事な気もします。
「東大へ行こう」「女医になろう」という人は、全体からすれば確実に少数派であり、それによって生まれる性差別が、そのまま社会全体の構図とは言えないことにも理解が必要だと思います。
 
例えば、医大の受験に対して、女性が排除されている傾向にあるとしても、せっかくお金をかけて育てても女性は出産などで離職する可能性が高い、という見方があることは容易に想像できます。
僕らみたいな零細事務所にしたって、女性を積極的に採用してはいますが、やはり結婚や出産によって離職していきます。
もちろん、男性なら離職していかないということでは決してありませんが、本当はもっと時間をかけて育てていきたいし、社員を雇うということは、会社にとっての負担は間違いなく増えるわけで、それでも、そこに投資をして育てようとするけれど、いずれ近い将来、結婚や出産によって離職していくことがかなり高い確率で予想される場合、どこまで時間や予算をかけていいものか、と躊躇することは紛れもなくどこの会社でもあるわけです。
まあ、それもあって、最近はどんどんとアウトソーシング(外注)に主軸を移すスタイルが広がっていて、社員を雇う、というスタイルは少しずつ時代遅れになってきているわけですが、とにかく、それを性差別だと言われてしまうと、おそらくは女性を雇うこと自体を躊躇してしまうかも知れません。
 
かといって、結婚や出産はダメなことでは決してないし、出産は女性にしかできないことであるのも事実。
中には、出産後にすぐに職場復帰する女性もかなり増えたと思うのですが、母親との時間をそれこそ排除してまで、すぐに職場復帰することが果たして本当にいいことなのか、という疑問も残ります。
僕は常々、ペットショップ等での生体販売に反対していますが、そこでも、生まれてすぐに母親と離されてしまうことが大きな問題のひとつであり、誰にとっても、人か犬かの違いなどなく、母親という存在からくる影響の大きさはあるわけです。
もちろん、そうせざる得ない状況にある女性もいるわけですが、なぜそうせざる得ないのか、その問題と解決をもっと社会全体で考えるべきだと思うのです。
 
いずれにせよ、性別による違いは間違いなくあることで、むしろなぜその違いを尊重しあえないのか、という残念さを強く感じます。
例えば、自分とは違う意見の人や、自分の意見に賛同しない人を、「あいつがバカだから」と言って片付けることは簡単ですが、果たしてそれでいいものか。
違うということから生まれる良いことだってたくさんあるはずで、僕という人間が、自他共に認める無類の女性好き、だということを差し引いてでも、男性には男性の、女性には女性の、それぞれに適した生き方をさらに伸ばしていくことのほうが大切で、どっちが上とか、どっちが勝ちとか、そんなくだらないことはもういい加減やめたほうがいいと思うのです。
そんなことを言い合っているあいだは、決して性差別もなくならないでしょう。
 
大和撫子な女性も、私はセックスが大好きと堂々と言える女性も、どちらもいていいんだし、僕はどっちの女性も大好きです。
東大へ行きたい女性も、中学を卒業したら高校へ行かずに海外へ行って世界を見てみたいと思う女性も、女医になりたいという女性も、専業主婦になりたいという女性も、色々いていいんです。
ようは、どんな道を選んでも、メリットもデメリットもあるし、楽しいこともツライこともある、という、ただそれだけのこと。
見方を変えれば、性差別はあちらこちらにもあるし、また見方を変えれば、性差別は存在しないとも言えるのも、隠せない事実だと思います。
 
嫌になったらすぐに逃げればいい、という風潮が広がってきてるけど、会社からすればたまったもんじゃないでしょう。
反対に、自殺するほどツライのに、そこから逃げれないのも、また大問題です。
桃太郎の物語を、桃太郎側から見るのと、鬼側から見るのでは、物語の意味が真逆にかわってきます。
仕事には、その仕事なりの適性や求められる能力や、そして、どれくらいの時間を、どのくらいの想いでそこにかけてくれるか、という問題だって、雇う側にはやっぱりあります。
 
川は、両方から見て川であり、男女という性による「対岸」が生まれているのであれば、その川を埋め立てて対岸をなくしてしまえばいい、と考えるのはあまりにも短絡的で乱暴的です。
なぜなら、その川でしか生きられない生き物だっているし、川があることによるいいことだってたくさんあると思うんです。
 
それまで「その他大勢」だった人達も、この機会を逃さずに、これらの問題について、身近な人達と大いに議論しあってほしいなと思います。

CATEGORIES : BLOG

既存の要素の組み合わせ

No.20 2019年04月17日 00時37分44秒


 
ジェームズ・W・ヤングが「アイデアのつくり方」という本の中で、「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と言ったのは有名は話。
僕らデザイナーが新しいアイデアを考える時も、ほぼ忠実に、このセオリーを守っている。
そうして、普段は絶対にそばにいない、なるべく遠いもの同士を見事にくっつけることが出来た時の感動は言い表せない。
 
そういう意味で言えば、写真の2冊の本は、既存の、そして遠い(っぽく見える)要素を見事にくっつけて、新しいコンセプトを生み出していると思う。
しかも、乱暴に無理矢理にくっつけたわけじゃなく、むしろ何で今までなかったんだろうってくらいにスタンダード感を併せ持ちながら。
 
で、やはりどちらの本も売れている。
しかも、タイトルやコンセプトだけの本ではなく、中身も非常に面白かった。
うまいところを見つけたなあって、素直に感動しました。
 
 
48手ヨガ 江戸遊女に学ぶ女性ホルモンと体力活性法
https://www.amazon.co.jp/dp/4909646078/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_5wFTCbZ1Y6PTF
 
ブスのマーケティング戦略
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510951/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_ixFTCb12A0EN9
 
 

CATEGORIES : BLOG

答えのない時代

No.19 2019年04月15日 16時47分48秒


 
4月12日に開かれた東京大学の入学式での、上野千鶴子さんのスピーチを読みました。
心に響く、すばらしいスピーチでした。(生意気な言い方でごめんなさい)
 
東大どころか、そもそも大学にすら行っていない僕には、文章からその場の独特な空気感を感じ取ることはできませんが、新入生達が、このスピーチをどんな想いで聞いていたのか、そしてどんな感想を持ったのか、すごく気になります。
 
▼以下抜粋
--------------------------
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。
恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。
そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。
--------------------------
 
上記の一文からも、上野さんの強い意志と覚悟が伝わってきます。
誰よりも早く正確に「答え」を見つけた者が勝者だった時代から、新たな「問い」を見つけたものが先導者になれる時代へ。
問われているのは、そもそも最初から答えのないこれからの時代をどう生き抜くか、そのためのアイデアと、やわらかいアタマ。
 
僕は、答えのない時代に、新たな「問い」を見つけるために必要なものは、奇しくも、思いやりや優しさや正直さなのだと思う。
総じて、コミュニケーションスキルと言えるのかも知れないけど、これらは、計算能力やプログラミング技術だけでは養えない。
 
上野さんは、ジェンダー研究(女性学)の権威。
僕にも娘が二人いるので、決して他人事ではない。
 
どうかどうか、娘達が生きていく未来が、優しさで溢れた世界でありますように。
思いやりや優しさや正直さを持った者達にとって、日だまりのような、生きやすい世の中でありますように。
 
 
▼上野さんのスピーチ全文
https://bzfd.it/2Xc6ZIl
 
 

CATEGORIES : BLOG

新世界

No.18 2019年04月14日 23時10分36秒


 
ようやく読めました。
キンコン西野さんの「新世界」。
ネットで全文無料公開されていますが、僕は紙の本で読みました。
いや、そっちのほうが良い、と言ってるわけではないので、ネットでいい人は積極的に利用しましょう。
 
さて、これからの時代がどう移り変わっていくのか、本当に資本主義から価値主義の時代へと移行していくのか、そんな興味から、落合陽一やホリエモンなどの著書を読みあさってきましたが、彼らよりもコミュニケーション・スキルがずば抜けているからか、とにかくずば抜けて読みやすい(笑)。
 
それにしても、どうやら未来の世界は本当に楽しみな方向へと変わっていくらしく、そのことは本当に喜ばしいことで、西野さんの目指す未来像には共感できます。
好き嫌いは当然あるだろうし、僕だって、「新世界」を読んでいても、正直、「ん?」と思うところはありましたが、何が言いたいのかは読み取れたので問題はなし。
ようは「信用」を積み重ねることがいかに大事か、という話で、これまでとは、その信用の「換金」の方法が変わってくる、ということ。
極端な言い方をすれば、正直者がバカを見ない世界、正直者達にもっと光を当てられる世界、もっと「本質的」な世界、それが、彼のいう「新世界」ということなんでしょう。
 
ただ、「その未来」においての主人公達は、僕の世代ではなさそうで、僕の世代が現役の間はまだまだ既存の古くさい資本主義との戦いが続くのでしょう。
それでも、自分達の子ども達に用意してあげられる世界が、この「新世界」であれば、僕は希望が持てるなあと感じました。
 
ギャンブルに興味がないことや、強烈な性欲(本文抜粋)の持主だということ以外は、あまり僕と共通点がありませんが、僕はこの方、好きです。
もっともっと、やっちゃってほしいと思います。
 
西野さんの比ではないけれど、僕にもアンチはそれなりにいます。
色々と正直に言うから、言葉尻だけつかまれて、伝言ゲームで言葉がすり替わっていって、いくつもの誤解を積み重ねられて、でも、言いたい奴は言ってろ、という性格だから、そこには反論も弁解もあまりしないできたので、ますます僕が言いたかった真理が伝わらぬまま、そしてますます僕は、徒党を組まないやり方にこだわってきてしまった。
でも、いくら自分の中でスルーしてても、「丸川という奴は●●だからダメなんだよね」という評判が、ご親切にも、どこからともなく、風に乗って伝わってきてしまう。
もちろん、面と向かって言われたことは、たったの一度もないけれど。
 
だから、「新世界」に書かれていたやり方は、おそらく僕には不向きだろう。
強烈な性欲という共通点だけでは、彼のように上手くはいかない。
でも、それでももちろん、僕も、僕らの世代も、まだまだ戦っていかなければいけない。
守りたいものがあるし、次世代につなげたいものもある。
古くさい道具で、古くさい戦い方しかできないかも知れませんが、娘達のために、未来へ続く道が作れるのだと思えば、残りの人生を賭けるだけの価値もあるでしょう。
 
僕が思うに、ロボット達に仕事や居場所を奪われるのではなく、ロボットを味方につけた一部の人間達によって、仕事や居場所が奪われる、と考えたほうがいい。
いくら時代が変わっても、何度、年号が変わっても、きっと悲しみが消えることはない。
そこには、新しい時代の勝者と、新しい時代の敗者と、新しい時代の「その他大勢」がいるだけ。
それでも、今の時代よりは、ずいぶんマシな世界に見えるのです。
 
もうすぐ47歳。
さて、生きている間に、世界はどう移り変わっていくのでしょうか。
不安もありますが、精一杯に、楽しみたいと思います。

CATEGORIES : BLOG

「目的」と「手段」

No.17 2019年04月11日 22時23分56秒


Photo by Abbie Bernet on Unsplash


デザイナーという職業柄、色んな業種の方とお話させていただく日々ですが、求められるのは、本質的な問題点と解決策を見つけ出すこと。
その中でいつも思うのは、問題が起こっている根本的な原因として、「目的」と「手段」を間違えているケースが多く見受けられます。

文字通り、「手段」は「目的」を果たすため、または、「目的地」へたどり着くための、あくまでも「手段」であって、それ自体が「目的」になってしまっては意味がありません。
誰もがわかりきっているようで、実はいつの間にか「手段」であるはずのことが「目的」になってしまっていた、というケースは意外とあります。

建築家は、家を建てることを「目的」にしてはいけません。
美容師は、髪を切ることを「目的」にしてはいけません。
シェフは、料理を作ることを「目的」にしてはいけません。
政治家は、政治家になることを「目的」にしてはいけません。
飲食店は、料理を提供することを「目的」にしてはいけません。
マッサージ店は、マッサージすることを「目的」にしてはいけません。
教師は、勉強を教えることを「目的」にしてはいけません。
車屋は、車を売ることを「目的」にしてはいけません。
不動産屋は、土地や家を売ることを「目的」にしてはいけません。
会計士は、会計を処理することを「目的」にしてはいけません。
パン屋は、パンを焼くことを「目的」にしてはいけません。
市長は、市長になることを「目的」にしてはいけません。
英会話スクールは、英会話を教えることを「目的」にしてはいけません。
パイロットは、飛行機を操縦することを「目的」にしてはいけません。
酒蔵は、お酒を造ることを「目的」にしてはいけません。
経営者は、お金を稼ぐことを「目的」にしてはいけません。

デザイナーは、デザイナーになることを「目的」にしてはいけません。

それらは全て、「手段」に過ぎません。
その「手段」を使って、何を叶えたいのか、誰を、どんな風にハッピーにしたいのか、どこへたどり着きたいのか、その意識の欠如や、はき違えによって生まれている問題がたくさんあります。

そこに気づければ、自分のまわりに溢れている、多くの「違和感」に気づけるようになります。
例えば飲食店であれば、店舗の外観や内装やスタッフの服装や接客だって、「目的」を果たすための大切な「手段」のひとつです。
そのひとつひとつが、ズレてはいないか、「目的」を果たすための大事な「手段」になり得ているか、そもそも「目的」は何だったのか、デザインを担当する際に、まずはそこを確認して、間違っていれば正す、ということから始めるようにしています。


そういう僕は、慢性的なストレス性疲労で、頭皮神経痛と全身の疲労感が半端なく、実際はそこまで疲れていないはずなのに、脳ミソが肉体的な疲れだと勘違いして眠らせようとしてくるので困ってしまいます。
僕の仕事の大部分は、「考える」ことなので、どれだけ寝ても取れないこの疲労「感」は、本当に大敵。
そんな状態なので、今日も少し横になって休んでいた時、ふと思いました。

「生きること」は、「手段」だろうか、「目的」だろうか。

そしてますます、疲労感が増すのでした。

CATEGORIES : BLOG

高齢者のセックス事情【続編】

No.16 2019年04月10日 00時48分09秒



前回の投稿で、高齢者のセックス事情の件について書きました。

早速、知り合いのデザイナーが、スウェーデンの事例について色々な情報を教えてくれました。
スウェーデンといえば、誰とでもやりまくるフリーセックスの国、というまったくでたらめな噂もある国ですが、決してそんなことはないと教えてもらったことがあります。
さて、教えてもらった、現代ビジネスの4年前の記事を読む限り、日本人はやはり、「幼い」んだなあと実感し、日本人が考える「先進」とは何なのか、という疑問を抱きました。

▼性の先進国スウェーデンに学ぶ「幸福な”夜”の過ごし方」
https://bit.ly/2I6yhfD

自分でも、色々とスウェーデンの事例について調べてみました。

▼日本の女子大生「性の先進国」スウェーデンで衝撃を受ける
https://bit.ly/2Vx8DUd

▼男女としての愛情が大前提?スウェーデン人の考える夫婦の在り方
https://bit.ly/2IldPHb

ほかにも、日本で問題になっている「セックスレス」の問題などについても色々と調べてみました。
ぜひみなさんも検索してみてください。

「日本人はセックスの年間回数が世界一少ない」という記事も以前話題になりましたが、「世界幸福度ランキング」では常に上位にいるスウェーデンに比べて、日本はいつも低い。
もちろん、何をもって幸せなのかの基準が違うので、このランキング自体に意味があるのかないのかは考えないといけませんが、それにしても色々と違いすぎます。

そもそも、セックスレスは本当に「悪」なのか、という議論も必要ですが、ここでは、それに苦しむ人達がいることの事実の側に立って書きますので、ご了承ください。

セックスレスについて堂々と議論も出来ず、相談もしにくいこの国においては、セックスレスがなくならないのも、ある意味では当然なのかも知れません。
ただ、なんでセックスレスな状況が起きるのか、正直僕にはよく理解できませんでした。
それでも、僕のまわりにも、セックスレスで悩んでいる人達がたくさんいることがわかってくると、なるほど、これはかなり根深い問題だなあと思うようになりました。
根本には「教育」と「文化度」の問題があり、「コミュニケーション」の問題であるという意見もいただきました。

特に「教育」に関しては、「今までの常識はもはや常識ではないと言える勇気も、デザイナーなら持てるはずだ」という意見も。
三重県では、ロゴやパンフレットやチラシやホームページを作る人がデザイナーだと思われてるし、実際に、それしかしてない自称デザイナーのなんと多いことか。
そうではなく、勇気を持って発言し、行動できるデザイナーでいたいと心から思う。
なので、勇気を持って、色々と発言をしていきます。

まず思うのは、日本人の、「奥ゆかしさの美学」も理解できるし、決して嫌いでもないけれど、例えばセックスを「自分から楽しむ」という女性が少ないんじゃないかとは思います。
恥ずかしいって気持ちは当然わかるけど、あまりにも受け身になりすぎて、それを楽しもうって気持ちが少ないんじゃないだろうか。
SとかMとか、そんなものは本当にどうでもよくて、SにもMにもなりながら楽しめばいいと思う。
もしかしたら、セックスレスじゃない人のほうが少ないんじゃないかってさえ思うくらいだけど、ハリウッドの女優達が、自分はバイセクシャルだと公言できるあのかっこよさは、日本ではまだまだ無理なんだろうなあ。

現実として、セックスレスで苦しんでいる人達がたくさんいる。
バカにする奴らもいるだろうけど、そんな奴らは放っておけばいい。
セックスレスの解消によって、充実した日々を取り戻した人達もいる。
何が問題なのか?
どうすれば解決できるのか?
セックスしなければ幸せになれないのか?
100年後はどういう状況になっているだろうか?

色々な意見があると思うし、興味がある人もない人もいる。
とにかく、僕の関心は、高齢者のセックス事情やセックスレスについて研究してる人も団体もたくさんある中で、デザイナーやクリエイターがこの問題にどう関わっていくのか、ということ。
こんな大切な問題に対して、デザイナーがアプローチしないほうが不自然だし、興味を持たないことのほうが問題です。
高齢者のセックス事情にしても、現代のセックスレスの問題にしても、ここはクリエイティブの、デザイナーの役割がすごくあるんだと思う。
なぜなら、その土地の色々な文化や文化度が、その土地の風景を作るんじゃないかって思うから。
それに、バイセクシャルでもなく、高齢者でもなく、セックスレスでもない、いわゆる当事者ではない僕のような人間が、この問題に関心を持ち、勇気を持って発言し、何かの行動を起こすことが、すごくすごく、大切な気がするのです。

現代ビジネスの記事には、「スウェーデンという国の成熟を「セックスの質」が表している。」と書かれていた。
ガンジーさんも、「その国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」という言葉を残してる。
やはり大切なのは、「教育」や「文化」や「文化度」。
超高齢化社会がやってくるこの国の、下ネタなどではないド真面目で大切な問題あることを、僕もこれをきっかけにして、たくさんの人達と議論を交えて学びたいと思います。

世間的にはまたすごく引かれてしまうんだろうけど、そんなことは恐れずに、デザイナーとして、クリエイターとして、何ができるか、何をすべきか、一生懸命、ド真面目に考えてみたいと思います。

CATEGORIES : BLOG

高齢者のセックス事情

No.15 2019年04月09日



これまで、デザインの活動を通して、たくさんのこと学んできました。
デザイナー人生があとどれくらい残っているかはわかりませんが、時々ふと思うのは、これまで学んできたデザインやクリエイティブのスキルを、デザイナーではなく、別の形で活かす生き方ってあるのかなあってこと。

例えば、なんとかしなければ、いずれ消えてなくなってしまうかも知れない業種や、デザインが最大限に力を発揮できる業態などへ転身し、そこに集中し、これまで学んできたものを全部まるごとつっこんでみる生き方、とか。

そういう意味で、すこし関心があるのは、「高齢者のセックス事情」です。
こういうことを発言すると、それだけで引かれることもあるし、SNSでも評価も低くなりますが、そういうことは気にしないでおきます。

なぜなら、以前、友人の女性から涙ながらの相談を受けたことがきっかけで、今後、急速に高齢化が進んでいくのであれば、これは大きな社会問題になるのではないかなあと強く感じたから。
これまでも、日本におけるセックスレス化の問題はあちこちで話題になってきましたが、他国と比べると、日本のその問題はすでに看過できないレベルとのこと。

つい先日も、世界的な経済誌であるForbesに、「日本人の「童貞率」が25%に上昇、セックス離れが鮮明に」という記事が掲載されていました。
現在は、セクシャルの多様化もあり、本当に現状を正しく把握できているのかと疑いたくもなりますが、それと同時に、今はそんなことになっているのか、となんだか嫌な胸騒ぎを感じました。
しかも日本は、性に関することはまだまだタブーだし、ただの下ネタだと思われることが多く、それはつまり、他国に比べて、成熟度が著しく低い、ということなのかも知れません。

いや待てよ、もっともっと成熟していけば、いずれはそういう営みは必要なくなって、純粋に心の結びつきだけでいいってことになるのだとしたら、逆に日本は成熟してるってことなのかなあ?
うーん、難しいですが、いずれにせよ、日本人の奥ゆかしさだからこその良さも確かにあるはずですが、当の本人達にしてみれば、笑い事ではないことは明白です。

デザインとは、決して装飾のことではなく、問題や課題を見つけ出し、それらを見事に解決していくこと。
だからこその、セックスを十分に楽しんでおられる人達に向けたものではなく、それをしたいのにできないことでひどく悩んでいる人達を対象にしたデザイン。
それがどういう形の取り組みなのかはまだわかりませんが、僕が僕のスキルを最大限に活かせる分野で考えるのなら、プロダクトだったり、ビジュアルによる提起だったり、になるのかなあ。
まあもちろん、僕ひとりでは何もできないので、チームや仲間が必要ですが。

問題の原因はなんなのか?
そもそもセックスは必要なのか?
そんなこんなを含めた、もっとつっこんだ議論や調査が必要なのだと思います。

みなさんはこの問題、どう思いますか?

CATEGORIES : BLOG
© WIPE BY DRAGONBLOOMS INC.